LogBook for Narikawa

エッセイを書いたり、描いた絵をのせたり。

昨日一昨日

 なんとなくさぼってしまいましたね。僕のサボり癖たるや、舐められたもんではないですね。

 なんで書かなかったんだろう。本読んでなかったからかな。本を読むと文章を書きたくなるわけですからね。

 

 せっかくなんで、書いときます。

 一昨日は、ただ単に一日かけて、履歴書を書いていただけでした。ほんとにかったるかったから、一日かけちゃいました。

 

 このあいだの模擬面接では、五項目をそれぞれ五段階で評価され、1か2が一つでもあると不合格。そうすると、求職登録ができなくて、学校に直接来ている求人に応募できないという仕組みです。

 

 僕の場合、履歴書の欄が2だったので、書き直す必要があったわけ。ひやかしで万年筆で書いたら字が太くて、欄からはみ出してしまったわけですね。

 

 就職活動はしないから求職登録票は提出しなかったんですが、面接が不合格のままだと単位に関わりそうで怖いなあと思ったし、単に就職から逃げてるだけだと思われたくなかったので、とりあえず求職登録票を出せる条件だけは整えました。

 「できるけどやらない」というほうが、しこりが残らないと思ったし。

 

 一昨日はほんとにそれしかしてないので、我ながら珍しいものだなあなんてね。

 

 

 そして昨日は、学校の最終日。というより、1年生ラストの登校日でした。

 次に行くときは、2年生になってるというわけですね。長い長い春休みの始まりです。

 

 3連休を開けて登校するだけでなんだか久しぶりな気がするものなのですが、それが一ヶ月以上ともなればどうなるでしょうね。担任が変わる可能性も、教室が変わる可能性もあるので、かなり新鮮に感じるかもしれませんね。

 

 学校で最終HRが終わった後は、学校からやや離れたところにある某ホテルで、テーブルマナー講習でした。

 なんだけど、そこに行くまでには時間があったので、余裕ぶっこいて近くのギャラリーを覗いてみることに。

 

 文房具屋さんとギャラリーを兼ねているところで、店主のおじさんとそこそこ長く話しをしてしまいました。

 名刺を交換できればよかったのですが、まだ作っていなかったので、名前とメールアドレスだけお伝えしました。

 

 早急に作らなければなりません。

 

 ともあれ、HR終了からホテル集合まで1時間半の時間がありながら、なぜか10分遅刻して参上。

 あそこの中にある写真館で、高校の卒業式の直前に家族写真を撮ったので、割と覚えていました。

 

 映像を見たのち、メニューの順に料理が来ました。みんな、えらくぎこちなく食事してましたが、とりあえず和やかにはなってきて(あとからきた僕は、知り合い0の席で終始無言を強いられましたが)、なんとかやりきりました。

 それに単純に美味しかったしね。ただ、洋食なのでやたらとカロリーが高くて、肉に魚にクリームに油に、という具合なのが少しきつかった。

 最近は最低限の味付けのものをよく食べたりするので、思ったより疲れたなあ。 

 

 いい経験でしたけどね。ただ、帰ってから食べた、おばあちゃんの作る親子丼のうまさたるや。

 人間はわかりきったものに安堵を覚える生き物ですから、これは仕方ない。多分、それを一言で言うと、慣れという概念になるのでしょう。

 

 

 春休みは制作系の課題は出ませんでした。これはもちろん、自主制作を描き貯めておけという無言のアプローチ。かつ、就職活動をする時間として使えということですね。

 

 というわけで、とりあえず今月中にやらなければならないのが、連作を進めることと、名刺を作ること。もう、制作しかすることがない。逆に清々しいです。

 名刺のラフを描いて、今日(17日)からとりかかります。